フィットネス

勘違いしがち!本質が全く異なるピラティスとヨガの違いとは?

こんにちは、FITFULL 編集部のナッツ(@nutslog)です。

  • 「ピラティスとヨガって何が違うの?」
  • 「私はピラティスとヨガどっちをはじめるべき?」
  • 「痩せたいなら、ピラティスとヨガどっちがオススメ?」

こんな疑問にお答えします。

マットの上でトレーニングやストレッチを行うピラティスとヨガは、一見似ていますが、根本的にはかなり異なるモノです。

この記事を読んで両者の違いを理解して、自分にはどちらが合っているのかを見極めましょう!

▼ピラティスとヨガの違い①:発祥の歴史

負傷した戦士のリハビリとして生まれたピラティス

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が、病弱な身体を改善するために考案しました。

その後、従軍看護師となったピラティス氏が、第一次世界大戦時に負傷した兵士をケアするためのリハビリメニューとして発展させました。

そのため、狭いベットの上でもできるようになっていて、身体の機能を取り戻すための、体幹トレーニングがメインです。

そこから、1926年にピラティス氏がアメリカにわたり、NY のダンサーを中心に受け入れられて、美容法や健康法として注目されるようになりました。

4000年以上前にインドで心と身体を鍛える教義として生まれたヨガ

ヨガは、ピラティスよりも遥かに歴史が長く、4000年~5000年前に、インダス文明で栄えていたインドで誕生したと言われています。

そもそもヨガは、フィジカル・トレーニングというよりかは、古くから伝わるインドの教義に根ざした修行や治療法です。

当時、戦争や飢え・病気など、人々には多くの困難があったので、それを逃れる方法として、ヨガの『瞑想』が生まれました。

瞑想は、仏教の『悟り』を開く手段でもあります。

このように、ヨガは、もともとメンタル面に重点を置いている健康法なのです。

▼ピラティスとヨガの違い②:目的

ピラティスの目的は、体幹部の強化

ピラティスは、インナーマッスルといった身体の深い部分の筋肉を鍛えることが目的です。

それにより、以下のような効果が得られます。

  • 身体的負傷の回復(リハビリテーション)
  • ケガや病気になりにくい身体作り
  • 姿勢やボディラインの改善
  • 肩凝りなどの緩和
  • 柔軟性の向上
  • 体力/集中力アップ

そして、ピラティスには、マットピラティスとマシーンピラティスのふたつがあります。

マットを使うマットピラティスはヨガにかなり似ていますが、マシーンを使ったマシンピラティスはジムで行うような激しい筋肉トレーニングに近いです。

とにかく、『体』にフォーカスしているのがピラティスなのです。

ヨガの目的は、精神の安定

ピラティスとヨガのトレーニング方法は似ているものの、瞑想などスピリチュアルな側面に重きを置いたモノはヨガにしかありません。

なぜなら、瞑想や呼吸法を通じて、心と体を結びつけて、心身が安定(=幸せ)の状態を作り出すことを目的としているからです。

そのため、身体的な効果の他に、以下のようにも活用されています。

  • リラックス効果
  • ストレス軽減
  • うつ病の対策
  • 雑念の解消
  • 集中力の向上

ヨガは、『心』にフォーカスしているのです。

▼ピラティスとヨガの違い③:呼吸法

ピラティスは、胸式呼吸

胸式呼吸では、鼻から息を吸って、口から吐き出します

呼吸時は、胸のまわりの隅々にまで、酸素が満たされるような意識を持ちましょう。

そして、吐くときは、お腹を引っ込めて、すべての酸素を吐き出すイメージです。

ヨガは、腹式呼吸

腹式呼吸では、鼻で息を全部吐き出して、その後お腹を意識しながら、ゆっくりと鼻から息をします

このやり方を繰り返すことがで、副交感神経が優位になり、偏っていた血液が全身に行き渡り、心身ともにリラックスすることができます。

また、副交換神経が優位になることで、代謝がよくなるので、痩せやすくもなるのです。

▼どんな人にピラティス/ヨガはおすすめ?

ピラティスがおすすめの人

⑴筋肉太りを解消したい人

筋肉太りは、アウターマッスルと呼ばれる、表面的な筋肉によるモノで、学生時代に激しいトレーニングを積んだ方などに多いです。

ピラティスでは、アウターマッスルではなく、インナーマッスルを鍛えるので、筋肉が大きくなることはなく、スリムで健康的な筋肉美な身体を手に入れることができます

⑵身体のパフォーマンスをあげたい人

インナーマッスルを鍛えることで、姿勢がよくなり、肩凝りや猫背、腹痛など、身体の悩みが解消されて、ケガしにくい強い身体になっていきます。

⑶基礎代謝をあげた痩せたい人

筋肉量が増えることで、基礎代謝があがるので、脂肪燃焼のしやすい身体になります。

ヨガがおすすめの人

⑴むくみ太りを解消したい人

むくみの原因は、内臓機能の低下による、体内の水分循環の悪化があげられます。

ヨガをすることで、自律神経やホルモンバランスが整うので、身体の自然治癒力が向上して、内臓の働きがよくなるので、むくみの原因を解消できるようになるのです。

⑵精神的なストレスを解消したい人

ヨガには、心と身体のバランスを保つ効果があります。

ヨガを行うことで、リラックスすることができ、日々の仕事のストレスなどを軽減させることができます。

⑶集中力を高めたい人

Google をはじめ、多くの外資系企業が、社員の生産性をあげるために『マインドフルネス』という瞑想法を、勤務中に実践させています。

瞑想により「 今 “ここ” の瞬間だけに集中すること」で、過去や未来に関する多くの雑念を解消して、頭をスッキリさせる効果があるのです。

ヨガの瞑想を通じて、頭の中をスッキリさせて、集中力を高めることができます。

▼まとめ

ピラティスもヨガも共通して言えることは、継続することが一番大切ということです。

どちらも激しいダイエット法のような脂肪燃焼効果は少ないので、即効性があるものではありません。

継続することで、確実に効果が見られるトレーニング方法です。

その分、激しい動きは少ないので、きついトレーニングが苦手な人でも続けやすいでしょう。

両者ともに、ダイエットというよりかは、体質改善ととらえた方が良いですね。

その中でも、特に身体作りに重点を置きたい人は『ピラティス』に、身体だけでなくメンタル面も整えたい人は『ヨガ』に、取り組んでみると良いでしょう!